読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティファニー!世界のスタンダードを作り続ける青の使者!ハイジュエラーの代名詞!part2

かなりお久しぶりになってしまいました。

Blue Net Jewelryの青柳です。

前回に引き続き「ティファニーの歴史・魅力」について時系列で書いていきたいと思います。

1851年、銀製品が注目されだしたというところまで前回で書きましたね。

ではそれ以降のティファニーのトピックスに触れていきますね。

 

★チャールズが経営権を買い取る★

設立から16年後の1853年にチャールズが共同経営者から経営権や所持する宝石も買取り、会社の全権を握りました。

このタイミングで社名を今の「Tiffany & Co.」に改称し、ブロードウェイ5番街に移転しました。

本店の前にアトラスクロックが設置されたのもちょうどこのタイミングになります。

f:id:bnj8640:20161213083728j:plain

出典 flickr

なかなかインパクトのある時計ですね。

ギリシャ神話の巨人「アトラース」に支えられた大時計です。

そしてチャールズが実権を握ったことで、ティファニーの躍進はさらに加速します。

 

★イエローダイヤの概念を覆したティファニーダイヤモンド★

1877年、著名な鉱物学者のジョージ・フレデリック・クンツ博士がティファニーに参加します。

そして同年、南アフリカのキンバリー鉱山で287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石が発見されました。

どこまでも透きとおり、くっきりと濃いカナリーイエローはこの世のすべての輝きを閉じ込めたような、艶やかな黄色のきらめきだったそうです。

その原石は翌年にチャールズ・ルイス・ティファニーによりパリで18,000ドルで購入され、クンツ博士の指揮のもと、128.54カラットのクッションブリリアントに、カットされたのです。

これが、かの有名な 「ティファニーダイヤモンド」です。

f:id:bnj8640:20170126083659j:plain

ため息が出るほどの輝きを放つ伝説的ジュエリー「ティファニー ダイヤモンド」は、 ティファニーが所有する世界最大級のファンシー イエロー ダイヤモンドです。

そのあまりの美しさは、黄色がかったダイヤモンドは低品質というこれまでの既成概念を完全に打ち砕くものでイエローダイヤの価値が再評価され、まさに伝説の石となったのです。

このジュエリーを常設しているニューヨーク五番街のティファニー本店のメインフロアは、 「ティファニー ダイヤモンド」を一目見ようと、 いつも多くの人でにぎわっています。

一度は本店に足を運んで、本場の雰囲気の中で飾られている「ティファニー ダイヤモンド」を見てみたいものですね。

 

これまで「ティファニーダイヤモンド」は4度、ジュエリーとしての形を変えています。

1度目はティファニー主催の舞踏会のホストだったシェルドン・ホワイトハウス夫人が身に着けました。

2度目はみなさんご存知、「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘップバーンが着用したネックレスです。(下記写真1・2枚目)

ジーン・シュランバーゼーのデザインで「リボン ロゼット ネックレス」といいます。

首周りにフィットするように考え抜かれたデザインで、パッと見ただけで豪華さが伝わりますね。

f:id:bnj8640:20170126082852j:plain

出典https://www.fashion-press.net/news/gallery/3993/62806

f:id:bnj8640:20170131081933j:plain

出典https://www.fashion-press.net/news/gallery/3993/62806

 

そして3つ目は、1987年に亡くなったジーン・シュランバーゼーのデザイン画を元に1995年制作されたジュエリーです。

自然の神秘を魅惑的で美しいジュエリーで表現した「ジーン・シュランバーゼー」は今もなお世界中のジュエリー愛好家から絶大な支持を得ていますね。

黄金の鳥をあしらったブローチは永遠の名作となっています。

 

 

f:id:bnj8640:20170124075503j:plain出典http://www.brandpark.jp/info/e237.html

 

そして現在「ティファニーダイヤモンド」は、このホワイト・ダイヤモンドのネックレスにセッティングされています。

f:id:bnj8640:20170124080017j:plain

 出典https://www.fashion-press.net/news/26927

制作に1年あまりを要し、熟練した職人たちがダイヤモンドを1石ずつ丁寧に手作業でカットし、モダンで流れるようなデザインにセットしました。
このネックレスは2016年に、ティファニー銀座本店 3 階ギャラリースペースで展示されたことでも大変有名になりましたね。

 

このようにティファニーの歴史を支え、ブランドのアイコンになったイエローダイヤ。

2010年には、「イエロー・ダイヤモンド・コレクション」の発売を発表しました。

f:id:bnj8640:20170216002904j:plain出典http://img.25ans.jp/var/25ansjp/storage/images/fashion/brand

 宝石鑑定士によって選りすぐられた、完璧な美しさと希少性を兼ね備えた最高級品質のファンシー・イエローのダイヤモンドをセッティングした指輪やネックレスなどのジュエリーが、店頭で販売されることになりました。

このコレクションの大きな特徴は、「希少価値が高くステートメントジュエリーと思われてきたイエロー ダイヤモンドを、よりデイリーに楽しめるように提案された」ということです。

クッションカットやペアにオーバル、ハートなどさまざまなカットを楽しむことができるのもおすすめ。

カリスマ性にあふれたその魅惑で、唯一無二の存在感を放つこと間違いなしでしょう。

 

長くなってきたので今回もこの辺で終わらせていただきます。

「イエローダイヤコレクション」のようなジュエリーもBlue Net Jewelryに任せて頂ければ、お値打ち価格で手に入れることが可能です。

素敵なジュエリーを賢く買う!!

少しでも気になったお客様は是非Blue Net Jewelryのホームページをご覧ください。

お客様の理想通りのジュエリーをご提案させて頂きます。

blue-net-jewelry.com