読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーダーメイドでジュエリーがお手元に届くまで。Part1

お久しぶりです。

11月に入って怒涛のように忙しくてなかなか更新できませんでした(;^ω^)

友人の結婚式に名古屋に行ったり、下鴨神社行ったりドタバタでした。

結婚式と下鴨神社はまた次の回に書きます。

 

 今日は僕の会社のBlue Net Jewelryでジュエリーを造ったときにどのような流れでお客様の手元に届くのかというのを細かく書いていきたいと思います。

会社の名前ですが「ネットを介して高品質で低価格のジュエリーをたくさんのお客様に届けたい」という思いで付けました。

Blueの部分は僕の名前の「青柳」から拝借です。笑

 

 まずこの会社は何をしている会社かというと、オーダーメイドでジュエリーを造り、販売している会社です。

「オーダーメイド」は値段が高くて敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、うちの会社はむしろ逆です。

「ジュエリーショップで買うより安かったね」と言ってもらえると思います。

その理由については、以前書かせていただいた「ロープライスでハイクオリティーが可能な理由 Part1&Part2」をお読みください。

 

まずお客様のお手元にジュエリーが届くまで、大きく分けて下記の4つの流れに分けて説明していきたいと思います。

1.ヒアリング

2.デザインの提案と決定

3.ジュエリー作製

4.完成、お渡し

もしお客様が関西の方ですと、この4つの工程の間に4回ほどお客様のもとへ会いに行かせて頂きます。

関西圏以外の遠方のお客様ですと、電話とメールで進めていきます。

 

1.ヒアリング

お客様とお話をし、

・どのようなデザインのジュエリーを造りたいか。

・ご予算はいくらくらいなのか。

・「ジュエリーへの想い」もお聞かせください。

 

このようにいろいろな会話をしながらお客様の不安を取り除き、お客様のご希望通りのジュエリーをデザインする第一歩になるのがヒヤリングです。

 

お客様のジュエリーへの想いはそれぞれだと思います。

・緊張と期待の入り交ざったプロポーズ、ビシッと決めて記念すべき日に最高の贈り物を送りたい。

・祖母や母から頂いたリングの石を受け継ぎ、最新のデザインのリングとして新しい命を吹き込みたい。

・彼女や奥様に日頃の感謝の気持ちを込めて特別なジュエリーを送りたい。

・結婚を控えた娘に今まで一緒に過ごした日々を思い、喜んでもらえるジュエリーを造ってあげたい。

・頑張った自分へのご褒美に自分の思い描いた通りのジュエリーが欲しい。

 

ジュエリーを求める想いは人それぞれですよね。

 

ジュエリーには人の気持ちが宿ると言われています。

その気持ちを存分にジュエリーに伝えるため、ヒアリングに重きを置きじっくりと話し合いデザインに取り掛かっていくのがBlue Net Jewelryのスタイルです!!

 

そして次の「デザインの提案と決定」ですが、また明日のブログで書いていきたいと思います。

たくさんの人にジュエリーで笑顔を届けられるよう、明日も頑張ります。

ではお休みなさい。